忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/25 19:26 】 |
日本橋美容室 【韓国】訪韓日本人が増加の見込み:節電対策で、7月は25万人超か

東日本大震災に伴う電力不足問題に悩む日本からこの夏、韓国への観光客が増える見通しだ。今年に入り減少していた訪韓日本人数が今月は増加に転じ、来月には10%増の25万人以上となる見込み。日本政府の節電対策の一環として、一部の企業や大学が夏休みを延長する動きをみせていることから、旅行先に近くて安い韓国を選ぶ人が増えると予想される。航空、旅行業界は特需に期待を高めている。

 韓国観光公社によると、昨年に比べ減少していた訪韓日本人数が今月に入り回復しているという。3月の訪韓日本人数は前年同月比12.3%減、4月は7.9%減、5月は2.3%減。ところが、今月前半(1~14日)には5.9%増加しており、例年並みの水準を取り戻しつつあるようだ。同公社は、今月の日本人観光客数を4.4%増の24万2,000人と予想。また、7月は約10%増の25万人を超えるとみている。

 訪韓日本人が増加している背景には、日本の節電政策が影響しているとみられる。

 日本政府は先月、今夏のピーク時の最大使用電力の削減目標を15%減とした。また、東京電力および東北電力管内の契約電力500キロワット(kW)以上の大口需要先には、7月1日から電力使用制限を適用するなど、全国的な節電態勢に入る。これに対応して、各企業は夏期休暇の延長や前倒し、分散などの対応策を打ち出しており、例年に比べ長い夏休みとなる人が増える見込みだ。

 部品の調達難にある自動車産業などでも、今秋まで休日を前倒しにするなどの案を検討しているという。首都圏にある企業では2~3週間の長期休暇を設定しているほか、大学でも夏休みを延長するなどの動きがみられる。

 ■人気の旅行先、韓国が1位

 日本ではさまざまなイベントが中止になるなど自粛ムードが続いていたが、予想外の長期休暇に、海外旅行の需要が伸びているという。また、全国的にエアコンの使用制限が予想される日本より、海外で涼を得ようという心理も働いているもようだ。

 中でも、国際的な原油価格の高騰による燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の引き上げで、短距離路線に人気が集中しているという。旅行検索・比較サイトのトラベル・ジェーピーを運営するベンチャーリパブリック(東京都港区)の行ったアンケートによると、今夏の海外人気旅行先の1位は韓国で、10.8%を占めた。2位は米国・ハワイ(7.5%)、3位は台湾(6.3%)の順だ。同社関係者はNNAの取材に対し、「近くて航空料金も安い韓国は、年間を通して人気。さらに韓流人気も影響しているのでは」と話す。海外旅行販売などを手掛ける、地球の歩き方T&E(東京都新宿区)のアンケートでも人気の国、都市の両部門1位を「韓国」と「ソウル」が独占した。同社関係者は韓国人気について、「震災による影響はあまりないとみているが、最近になって急に予約が伸びた印象がある」として、夏期休暇延長措置による“駆け込み予約”現象を示唆した。

 一方、こうした傾向を歓迎しているのが航空、旅行業界だ。日本の夏休み期間となる7~8月は、さらなる日本人の訪韓に期待する。日韓の航空会社は震災以降、一部中断していた日韓間路線を正常運航させる。また、北海道・東北地域への運航再開や、エアー釜山やイースター航空など格安航空会社の新規就航も観光客増加に拍車をかけるとみられる。

 旅行業界では、日本人観光客のトレンド変化への対応に忙しい。主要観光地を中心に回る団体ツアーではなく、最近では大学街であるソウル新村や弘大などのカフェやクラブに個人旅行で向かう若者が多いという。そこで韓国人の友達をつくり、語学の勉強や実践を兼ねて楽しんでいるようだ。また、歴史文化に熱心な中高年の女性も増えた。このほか、美容や買い物など特定の目的別に旅行を楽しむ傾向が強まっており、観光公社の李ピョンチャン日本チーム長は「個人旅行の増加に伴い、こうした人々が主に関連情報を得ている携帯電話やインターネットでの広報を多様化している」と話す。

 韓国政府も観光回復を後押しすべく、交流のための派遣団を送り、各種キャンペーンを展開する方針だ。 会津若松美容室シンジュラー 日光宿泊 会津若松美容室 補正下着 補正下着 中目黒美容室 浅草美容室 赤羽美容室 大森美容室 二子玉川美容室 大泉学園美容室 大井町美容室 品川美容室
PR
【2011/07/05 16:52 】 | 日本橋美容室 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<日本橋美容室 【シンガポール】漢方薬大手、出店数目標超え:開発から販売までの供給網強化 | ホーム | 日本橋美容室 議論を避けていいんですか?――“規制”と“規制の監視”の違い>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>